Now Loading...

Now Loading...

デジタルリマスター版『シャンタル・アケルマン映画祭』4/29〜5/12 ヒューマントラスト シネマ渋谷

シャンタル・アケルマン映画祭
「時間が過ぎ行くのを感じさせるのは映画において最も大切なことのひとつだ」
ありきたりにも響くこの言葉を残したシャンタル・アケルマンは、今回まとめて上映される5本の作品によって、
その深遠なる意味を私たちの中に響かせることになるだろう。
砂糖を貪る、じゃがいもの皮を剥く、セーターを脱ぐ、ハイヒールを響かせて歩く、歌を歌う、髪を解き煙草を吸う、
彼女たちの、彼らの日常の仕草、ささやかな物語がまさに時間とともに、より大きな物語、歴史の大河へと流れ出していく。
眩暈を起こさせるほどに欲望する他者とは交われどもすれ違っていく。
しかしそのすれ違い、他者への跳躍こそが、私たちを、
そして歴史を作っていることをアケルマンの映画は、親密さとともに確認させてくれる。
坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)
シャンタル・アケルマン
シャンタル・アケルマン
1950年6月6日、ベルギーのブリュッセルに生まれる。両親は二人ともユダヤ人で、母方の祖父母はポーランドの強制収容所で死去。母親は生き残ったのだという。女性でありユダヤ人でありバイセクシャルでもあったアケルマンは15歳の時にジャン=リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』を観たことをきっかけに映画の道を志し、18歳の時に自ら主演を務めた短編『街をぶっ飛ばせ』(68)を初監督。その後ニューヨークにわたり、初めての長編『ホテル・モンタレー』(72)や『部屋』(72)などを手掛ける。ベルギーに戻って撮った『私、あなた、彼、彼女』(74)は批評家の間で高い評価を得た。25歳のときに平凡な主婦の日常を描いた3時間を超える『ジャンヌ・ディエルマンブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番』を発表、世界中に衝撃を与える。その後もミュージカル・コメディ『ゴールデン・エイティーズ』(86)や『囚われの女』(99)、『オルメイヤーの阿房宮』(2011)などの文芸作、『東から』(93)、『南』(99)、『向こう側から』(2002)といったドキュメンタリーなど、ジャンル、形式にこだわらず数々の意欲作を世に放つ。母親との対話を中心としたドキュメンタリー『NoHome Movie』(2015)を編集中に母が他界。同作完成後の2015年10月、パリで逝去。
『私、あなた、彼、彼女』
『私、あなた、彼、彼女』
『私、あなた、彼、彼女』
アケルマン自身が演じる名もなき若い女がひとり、部屋で家具を動かし手紙を書き、裸で砂糖をむさぼる。部屋を出た彼女はトラック運転手と行動を共にし、訪れた家で女性と愛を交わす……。撮影時24歳だったアケルマンによる“私”のポートレイト。殺風景な空間と単調な行為が彼女の閉塞感や孤独を際立たせ、激しく身体を重ね合うことで悦びがドラマティックに表現される。観客は彼女の道程を緊張感を持って見つめることによって、その“時間”を彼女と共有する。
『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』
『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』
『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』
ジャンヌは思春期の息子と共にブリュッセルのアパートで暮らしている。湯を沸かし、ジャガイモの皮を剥き、買い物に出かけ、“平凡な”暮らしを続けているジャンヌだったが……。アパートの部屋に定点観測のごとく設置されたカメラによって映し出される反復する日常。その執拗なまでの描写は我々に時間の経過を体感させ、反日常の訪れを予感させる恐ろしい空間を作り出す。主婦のフラストレーションとディティールを汲み取った傑作。ジャンヌを演じるのは『去年マリエンバートで』(61)『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』(72)のデルフィーヌ・セイリグ。
『アンナの出会い』
『アンナの出会い』
『アンナの出会い』
最新作のプロモーションのためにヨーロッパの都市を転々とする女流映画監督を描く、アケルマンの鋭い人間観察力が光る一本。教師、母親、母親の友人らとの接触を挟みながら、常に孤独に彷徨い歩く主人公アンナの姿と、日常に溶け込みはしない断片的な空間と時間とを通して、アイデンティティや幸福の本質が絶妙な構成で描き出されている。『パリ・テキサス』(84)のオーロール・クレマン、『キャバレー』(72)のヘルムート・グリーム、『フェリーニのアマルコルド』(73)のマガリ・ノエルとアケルマン作品にしては豪華なキャストが揃う。
『囚われの女』
『囚われの女』
『囚われの女』
祖母とメイド、そして恋人のアリアーヌとともに豪邸に住んでいるシモンは、アリアーヌが美しい女性アンドレと関係を持っていると信じ込み、次第に強迫観念に駆られていく。マルセル・プルーストの「失われたときを求めて」の第五篇、「囚われの女」の大胆で自由な映像化。嫉妬に苛まれ、愛の苦悩に拘束される虜囚の境地をアケルマンは洗練された表現で描写する。ジャン=リュック・ゴダールの『軽蔑』(63)やアルフレッド・ヒッチコックの『めまい』(58)をも想起させるこの傑作は公開年の「カイエ・デュ・シネマ」ベストテンで2位に選ばれた。
『オルメイヤーの阿房宮』
『オルメイヤーの阿房宮』
『オルメイヤーの阿房宮』
東南アジア奥地の河畔にある小屋で暮らす白人の男オルメイヤー。彼は現地の女性との間に生まれた娘を溺愛し外国人学校に入れるが、娘は父親に反発するように放浪を重ねていく……。『地獄の黙示録』(79)のもとになった「闇の奥」で知られるイギリスの作家ジョゼフ・コンラッドの処女小説を脚色。時代も場所も明かされず抽象化された設定の中で、狂気と破滅の物語が繰り広げられる。原作の持つ実存主義と家父長制という重苦しいテーマを孕みながらも、アジアの街並みを自在に歩き回る娘を横移動で捉えたカメラが素晴らしく、幻想的なまでに美しい。
「部屋」から世界へ
移動し続けた映画作家シャンタル・アケルマン
小柳帝 ライター・編集者
シャンタル・アケルマン

シャンタル・アケルマンが、遺作となった『No Home Movie』(2015)にも出演していた最愛の母が亡くなったあと、後を追うかのように天へと旅立ってからもう7年が経とうとしているが、これまで『ゴールデン・エイティーズ』(86)など数作を除いて、その作品が劇場公開されてこなかったここ日本で、ようやく彼女の代表作にして傑作『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』(75)をはじめ、一挙に5作品が観られるようになったことは喜ばしい限りだ。

それにしても、なぜアケルマンの紹介がこれほど遅れたのか。一つには、彼女が、特に初期において、商業主義に背を向け、実験映画やドキュメンタリーを作り続けていたことにあるだろう。ところが、彼女はその後一転してエンターテインメント作品を手がけるようになり、さらにはテレビやビデオ、インスタレーションにまで作品の領域を広げるなど、その作家性や全体像が掴みにくいところがあったからかもしれない。

しかし、一見バラバラのように見える今回の5作品も、アケルマンの作品に触れれば触れるほど、やはりアケルマンとしか言いようのない作家の刻印を感じることができるはずだ。彼女のメンターの一人でもあったジョナス・メカスも、仏「リベラシオン」紙のアケルマンの追悼特集で次のように語っていた。「彼女の作品はすべて巨大な叙事詩のようなもので、すべてのパーツをつなげることができる」。このささやかなテキストは、その一助となることを目指したものだ。

シャンタル・アケルマンは、1950年6月6日にブリュッセルで生まれた。両親はベルギーに移住してきたユダヤ系ポーランド人で、母や母方の祖父母はナチスによりアウシュヴィッツに強制連行され、母だけがショア(ホロコースト)を生き延びた。母はその時の恐怖について亡くなるまで多くを語ることはなかったが、むしろその沈黙がアケルマンに終生重くのしかかり、家族の歴史の空白を埋めるかのように、彼女は代替的な物語を創作するようになった。そのような意味では、直接的・間接的を問わず、彼女の作品にはすべてショアが大きく影を落としており、一方で創造の源泉にもなってきたのだ。

そして、アケルマンは15歳の時に、その後の人生を決定づける映画と出会う。ジャン=リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』(65)だ。そこから彼女は映画作家を志し、高校を中退してINSAS(国立舞台芸術・放送技術高等学院)に入るが、そこもあまり長く続かず、正規の映画教育をほとんど受けることなしに、18歳の時に「初期衝動」から生まれたような短編『街をぶっ飛ばせ』(68)を撮る。この映画は、アケルマン自身が自分の部屋の中で、家事をパロディにしたような奇態な行動を取ったあと、『気狂いピエロ』よろしく部屋を爆発させてしまうというパンキッシュなバーレスクなのだが、この処女作には、「思春期」ならではの孤独や苦悩、「家事」や「ジェンダー」に対する批評性、また映画の舞台となりその頃の彼女自身のメタファーともなっている「部屋」といった、その後の『私、あなた、彼、彼女』(74)や『ジャンヌ・ディエルマン』に繋がるようなテーマの萌芽がすでに見られるのだ。

その後、アメリカの実験映画に強い関心があったアケルマンは1971年にニューヨークに渡る。そして彼女は、メカスらが創設した「アンソロジー・フィルム・アーカイブス」で、メカスの「日記映画」、マイケル・スノウの「構造映画」、イヴォンヌ・レイナーの「ダンス映画」などを発見する。中でもスノウの360度パンによって山岳地帯を縦横無尽に捉えた『中央地帯』(71)に感銘を受けたアケルマンは、ニューヨークで撮った短編の『部屋』(72)でそれを応用した。また、同じくスノウの『波長』(67)などで使われていた定点観測のような長回しは、『ジャンヌ・ディエルマン』など70年代のアケルマン映画において特徴的な話法となる。そして、これらの作品で主に撮影を担当したのが、レイナー作品で知られるバベット・マンゴルトだった。

そのあと、彼女が1974年にベルギーに戻って撮ったのが、『私、あなた、彼、彼女』だった。主演はアケルマン自身で、『街をぶっ飛ばせ』の延長線上で撮られたような映画だが、ここでアケルマンはついに「部屋」(「主観の時間」)から屋外に出て、行きずりの男と知り合い(「他者の時間、ルポルタージュ」)、元恋人の女性の部屋に押しかけ性交渉に及ぶ(「関係の時間」)。それまで部屋の中で自己完結していた世界が、ジェンダーやセクシャリティの問題を絡めながら、社会や世界へと広がり出したのだ。

そして、そんなアケルマンが次に撮った作品こそ『ジャンヌ・ディエルマン』だった。アケルマンが言うところの、これまでの映画では不可視であった、「イメージとイメージの間」に存在する「家事」を、ニューヨークで培った定点観測的固定撮影によって、つぶさに観客の目に晒し、これまで主に女性が担わされてきた、時に労役ともなる「家事」の単調なリズムが狂った果てに悲劇が起こりうることを、若干24歳のアケルマンが暴いて見せたのだ。これはまさに「フェミニズム映画」とも言うべきもので、世界の各メディアや批評家がこぞって絶賛した。そして、その主婦を演じたのが、実際に女性解放運動のアクティヴィストでもあったデルフィーヌ・セイリグであった。

そして、アケルマンはいよいよ映画内において、「部屋」どころか国境をも越える。セイリグの紹介(アケルマンの後期を支えた編集のクレール・アテルトンもセイリグの紹介)で知り合ったオーロール・クレマンを、映画監督役として自分の分身に据え、あたかも自分の父母や祖父母たちが辿ってきた苦難の道をなぞるかのように、ドイツのエッセン、ケルン、そしてブリュッセル、パリへと列車の旅をさせる『アンナの出会い』(78)を撮る。その後、クレマンは、7作ほどアケルマンの作品に出演する最大の共犯者となった。また、こうした「ディアスポラ」(移民)をテーマにした作品の系譜は、ベルリンの壁が崩壊した後の東欧からの難民の移動をひたすらトラベリングで追い続けた傑作『東から』(93)から始まる4部作のドキュメンタリーにも遠く続いていくだろう。

ところが、80年代に入ると、アケルマンの映画はガラリと変わった。『ゴールデン・エイティーズ』が象徴的だが、それまでストイックなほどミニマルな映画を作っていたアケルマンが、ダンス、ミュージカル、コメディのようなポップな映画やテレビ作品を作るようになったのだ。その結果、フィックスによる長回しにあれほどこだわっていたアケルマンが、徐々にカットを割るようになり、それまで全く見られなかった切り返しのショットを使うなど、映画の話法を増やしていった。

そして、アケルマンは90年代に入ると、いよいよ満を持して、『ジャンヌ・ディエルマン』の頃から構想していたマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』の第5・6篇の映画化『囚われの女』(2000)に着手する。このアルフレッド・ヒッチコックの『めまい』(58)をベースにしたような、スタニスラス・メラール演じる主人公シモンが半ば軟禁状態においている恋人、シルヴィ・テスチュー演じるアリアーヌへの常軌を逸した妄執を描くには、例えば「見る/見られる」関係を表象する映画的話法である切り返しのショットなどは必須だ。アケルマンは、いわばこの作品を撮るための様々な話法を獲得するために、80年代から90年代にかけて、あえて多種多様な作品にトライしてきたと言っては言い過ぎだろうか。その撮影は、マノエル・デ・オリヴェイラの作品で知られるサビーヌ・ランスランが担当した。

またアケルマンは、その約10年後に、今度は、19世紀後半の植民地下のボルネオ(映画のロケ地はカンボジア)を舞台にしたジョゼフ・コンラッドの『オルメイヤーの阿房宮』の映画化に挑戦する。そして、現地の女性との間に生まれた混血の娘ニナに過度に執着する白人の没落商人オルメイヤーを演じるのは、またしてもメラールだ。水のイメージがどこか「死」を連想させるという意味でも『囚われの女』を彷彿とさせるこの映画で、オルメイヤーの妄執を表象するのは、今度はトラベリング・ショットだ。夜のジャングルで娘を追いかけるオルメイヤーを滑るように捉え続けるカメラは、『東から』で卓抜な移動撮影の才を見せたレイモンド(レモン)・フロモンの手によるものだ。

この2本の映画は、どちらもメラールの妄執を描いた文芸作品と言うこともできるが、男性の抑圧下にある二人の女性の自由を求める逃走劇と見れば、俄然「フェミニズム映画」にも見えてくるし、また、この二人の女性は、家族の背負ってきた歴史やジェンダーの問題で苦悩していたアケルマンの10代の頃とどこか重なりはしないだろうか。彼女は映画という武器を手に、「部屋」から「屋外」に、そして「世界」にその領域を広げていった。だからかアケルマンは、『オルメイヤーの阿房宮』(2011)では、そんなニナに旅立ちのシーンを用意する。そこでニナがカメラを見据えながら歌うのは、モーツァルトの聖体讃美歌「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。それはまさに、今新しく生まれ出た(生まれ変わった)生命を寿ことほぐ歌だった。

THEATERS
公開日 地 域 劇場名
北海道
上映終了 札幌市 シアターキノ
東 北
上映終了 仙台市 チネ・ラヴィータ
10月21日 山形市 フォーラム山形
関 東
上映終了 渋谷区 ヒューマントラストシネマ渋谷
上映終了 武蔵野市 アップリンク吉祥寺
上映終了 世田谷区 下高井戸シネマ
11月5日 江東区 Stranger
上映終了 横浜市 シネマ・ジャック & ベティ
上映終了 川崎市 川崎市アートセンター
上映終了 柏市 キネマ旬報シアター
上映終了 高崎市 シネマテークたかさき
甲信越静
上映終了 長野市 長野ロキシー
10月8日 松本市 松本CINEMAセレクト
11月12日 上田市 上田映劇
上映終了 静岡市 静岡シネギャラリー
中部・北陸
上映終了 名古屋市 名古屋シネマテーク
10月1日 富山市 ほとり座
上映終了 金沢市 シネモンド
関 西
上映終了 大阪市 テアトル梅田
9月22日 大阪市 シネ・ヌーヴォ
上映終了 京都市 出町座
上映終了 神戸市 cinema KOBE
中国・四国
上映終了 岡山市 シネマ・クレール丸の内
上映終了 広島市 横川シネマ
上映終了 尾道市 シネマ尾道
近日公開 松山市 シネマルナティック
九州・沖縄
上映終了 福岡市 KBCシネマ
上映終了 熊本市 Denkikan
上映終了 大分市 シネマ5
上映終了 那覇市 桜坂劇場